お店について場所MenuWhat's Lismore?Scotland and Scottish Rugby| Lis. master's voice| BBSHOME

Lis. master's voice
Lis. master's voiceは、あの有名なスピーカーに耳を傾ける犬の絵に書かれた古典的なコピー、His master's voiceを少し捩ったものです。
このページでは、みなさんにお伝えしたり、お話ししたりしたいことを 少しずつ書いていこうと思いますので、どうぞおつきあい下さい。


  Lis. master's voice 第560号
Date: 2018年01月08日 (Mon)
あけましておめでとうございます。みな様健やかに新しい年をお迎
えのことと存じます。本年も、何卒よろしくお願い申し上げます。


▪1月のおすすめブレンデッド

ジョニー・ウォーカー X・R 21
(JOHNNY WALKER X・R 21)
1oz 1,800円

創始者ジョン・ウォーカーの孫であり、自社ブランドの発展
に大きく寄与したアレキサンダー・ウォーカー2世の手書き
のノートを元にブレンドされた作品です。21年以上熟成の
原酒のみで構成され、35年前に閉鎖されたブローラ蒸留所
の原酒も使われています。年始めに、ぜひお試しください。


紫紺のジャージが、王者の赤いジャージに渾身の力でチャレンジし
ましたが、あと僅か1点、及びませんでしたね。今年の国内ラグ
ビー・シーン、まずは大学選手権決勝から。

前半を明治大学が帝京大学を17−7とリードして折り返し、後半
に入っても明治はPGを決めて20−7と引き離しました。
「この日の勝敗は、このあとどちらが先に得点するかで決まる」
素人の私にも、はっきりとそういう予想を立てることができました。

やはり帝京は強かったですね。前半2人目のフォローが遅れて相手
に優位に立たれていたのを、後半はしっかり修正しており、明治の
前進を許しません。逆にアタックではしっかりつなぎのラグビーで
2トライ、コンバージョンもしっかり決め2ゴール。13点のビハ
インドに対し、釣銭のいらぬ14点を返し、勝利しました。

『明治の復活』。長い間叫ばれていた懸案事項が、ひとつ解決した
瞬間でもありました。良いチームになっていました。今年からFW
コーチとなった、ミスター・リコー・滝澤佳之君の指導によるスク
ラムの安定が、攻撃の起点になっていました。彼にはさらに来年、
今度は学生日本一となる選手たちを育てていただきたいと願ってい
ます。

帝京大学9連覇。どうあっても今後破られることのない大記録です。
プレッシャーを力に変えた選手たちは素晴らしい。賞賛したいと思
います。岩出雅之監督は、とんでもない世界に足を踏み入れてし
まったのに、本当に冷静な人ですね。違うチームの監督もやってい
ただきたい気がします。

次にトップリーグ。トップリーグの総合順位決定トーナメントと日
本選手権準決勝を兼ねた2試合です。

パナソニック対トヨタ自動車は、パナソニックが余裕の勝利と予想
していましたが、17−11と1T1Gで逆転になるという接戦に
なりました。シーズン途中からグングン力をつけてきたトヨタ、来
シーズンも期待できそうです。

もう1試合のサントリー対ヤマハ発動機、こちらは接戦が予測され
ましたが、サントリーの猛攻により前半で試合が決まってしまいま
した。前半22分までに4T4Gで28−0とし、ヤマハの心が折
れてしまったようです。最終スコアは49−7。7本1本という大
差がついてしまいました。

決勝はパナソニック対サントリー、昨年は同じ対決でサントリーが
勝利していますが、今年も白熱した好ゲームが期待できそうです。

5位決定トーナメントに出場したリコー。昨年の6位を超えるトッ
プリーグ最高位を狙いましたが、神戸製鋼に10−19と破れ、7
位8位決定戦にまわります。シーズン中のような、ひたむきで粘り
強いラグビーが思うようにできず、セット・プレーでもミスが目立
ちました。モチベーションを保つのが難しかったのか、残念です。

今年は神鳥監督、馬渕主将が、メンバーとともにたいへん魅力的な
チームを作ってくれました。最終戦のNEC戦で良いパフォーマン
スを見せ、来シーズンでさらに磨きのかかったチームになって欲し
いと、心から願っています。

最後に高校ラグビー。実は今決勝戦をLIVE配信で観ながら、こ
れを書いています。東福岡対桐蔭学園の決勝ではないかと予想して
いましたが、完全に外れ、東海大仰星対大阪桐蔭の19年ぶりの大
阪対決となりました。

前回は啓光学園対大阪工大高といおう別の学校同士の対戦だったの
ですから、大阪の高校は本当に強豪ぞろいだということがわかりま
すね。

今ゲームが終わりました。最後の最後までドキドキするような大熱
戦でした。素晴らしかった。東海大仰星が、27−20の1T1G
差で大阪桐蔭を下し、2大会ぶり5回目の優勝を飾りました。

冷たい雨が降っています。風邪などひかれませぬよう、暖かくして
お過ごしください。私はそろそろ出勤の準備をします。本日は祝日
ですが、店を開けております。それでは、See ya!
Admin

- Sun Board -