お店について場所MenuWhat's Lismore?Scotland and Scottish Rugby| Lis. master's voice| BBSHOME

Lis. master's voice
Lis. master's voiceは、あの有名なスピーカーに耳を傾ける犬の絵に書かれた古典的なコピー、His master's voiceを少し捩ったものです。
このページでは、みなさんにお伝えしたり、お話ししたりしたいことを 少しずつ書いていこうと思いますので、どうぞおつきあい下さい。


  Lis. master's voice 第603号
Date: 2019年04月18日 (Thu)
今週の15日、第3月曜日の休暇をいただき、三軒茶屋の駅近くに
ある組合仲間のバーを訪ねに出向きました。彼のお店に行く前に、
うまい焼き鳥屋さんにでも入って、お腹を拵えてからと思い、街を
歩きました。

実は、私は今から40年前から6年あまり、三宿にある重症心身障
害児(者)の機関に勤務していたことがあり、通勤は、三軒茶屋駅
から歩いて通っていました。

しばらく訪ねていなかった三軒茶屋は、すっかり様変わりしていま
したね。あの当時はあんなに人も多くなく、ビルの数もかなり少な
かったと思います。

懐かしさに後押しされて、あの頃昼ご飯を食べに行った辺り、太子
堂の中央商店街に入りました。ここら辺によく通った、ご夫妻で経
営されていた街の中華屋さんがあったはずだ、もう閉店されてし
まったかなと思い、訪ねてみると、おそらくそれかなと思われるお
店がありました。

店名の表示が見当たらないので、外から様子を窺い、意を決して
入ってみると、懐かしいお二人が仲良く座って、賄いを食べてい
らっしゃるところでした。名を名乗ってご挨拶すると、懐かしそう
に思い出してくださいました。

「障害者の方のお仕事をされとった方でしょう。もっと、ずっと痩
せた人だったイメージがあるわ」と奥様がおっしゃいました。

もう既に故人となられた、二人の先輩の職員とよく通ったお店でし
た。私が20歳代の後半の頃のことです。ご夫妻は、もう70歳代
の半ばになられたとのことで、私とちょうど一回りほど年長なので
しょう。

当時、ご夫妻は30歳代後半、小学生と就学前の男のお子さんがい
らっしゃいましたが、上の子がもう45歳とのことで時の流れを感
じましたね。

実は、会社員になってからも一度そのお店を訪ねたことがあります
が、それも30年以上前のことで、まだ間違いなく昭和の時代でし
た。今回は、ぎりぎり平成の最後にお訪ねすることができたことに
なります。

お二人とも愛知県の出身のドラキチで、あの当時からドラゴンズ話
をよくしていましたが、今回もここ数年の低迷ぶりについて、一緒
に愚痴を言い合いました。

おいしい餃子と肉団子、そして思い出話ををつまみに、ビールを2
本いただき、とても満ち足りた気持ちになり、再会を約束してお店
を辞しました。

組合仲間のバーも、それはそれは素敵なお店でした。

第3月曜日のお休みは、私にとって本当に大切な時間になっていま
す。みなさんのご理解に感謝しております。

明後日の4月20日、私がリズモア島を訪ねてちょうど20年にな
ります。仕事を続けていく上で、いろいろなところで風化してし
まった気持ちを、もう一度、初心を思い返してカウンターに立って
行こうと思います。

みなさん、今後ともよろしくお願い申し上げます。お身体を大切に
お過ごしください。それでは、See ya!
Admin

- Sun Board -